ふくおか情報サイトtap

>>TOPへ戻る
 ふくおかの四季

福岡の梅

福岡のあじさい

福岡の菜の花

福岡の藤

福岡のコスモス

福岡の桜

福岡の紅葉

 ふくおかの祭

博多祇園山笠05

博多祇園山笠04

博多祇園山笠03

博多灯明ウォッチング02

 ふくおかの情報

福岡宿泊ガイド

福岡交通ガイド

福岡主要MAP

福岡面白リンク

 ふくおか特選情報

福岡の庭園特集

福岡初詣スポット

 お楽しみ情報サイト

競馬予想サイト「馬ヲタ」

ラッピングの全てがわかる「ラッピング工房」

レシピの紹介「かんたんレシピ」

表 「城郭悠然黒田藩」
今年で、築城400年となる福岡城を記念しての標題となっている。
ご存知の通り、福岡は、黒田藩が治めた藩であるが、その居城福岡城は、今では一部の建物と石垣を残すのみとなっている。
関ヶ原で功を立てた黒田如水、長政親子は、筑前五十二万石を与えられ、この福岡(その当時福崎)に城を構える。
そのとき福崎の名を福岡に改め、現在に至るのであるが、それから長い月日が流れ、今年で400年となる。
飾り山には、初代藩主、黒田長政をはじめ、黒田節で有名な母里太兵衛や、他にも後藤又兵衛等、黒田藩で有名な武将が登場している。
鎧甲冑に身を包んだ黒田長政は、とても勇ましく、また博多駅の銅像でも有名な母里太兵衛も、杯に槍の出で立ちで登場しており、黒田藩の威厳を感じさせる。
見送り 「清涼山誉連獅子」
去年は、リバレインで登場した、連獅子が、今年はソラリアに登場。
歌舞伎で人気が高いこの劇は、山笠でもとても絵になる、うってつけの題材であろう。
親子の獅子の舞は、歌舞伎でも見せ場の場面で、この飾り山でも、充分にその魅力を表現している。
衣装、化粧ともに歌舞伎そのままであり、歌舞伎の一場面を抜き出したような迫力と、美しさが見る人の目を奪わせている。
ソラリアの中にあっては、少し異色の雰囲気かと思いきや、余の荘厳さに、そのような違和感さえ感じない。
とても、美しい飾り山である。