ふくおか情報サイトtap

>>TOPへ戻る
 ふくおかの四季

福岡の梅

福岡のあじさい

福岡の菜の花

福岡の藤

福岡のコスモス

福岡の桜

福岡の紅葉

 ふくおかの祭

博多祇園山笠05

博多祇園山笠04

博多祇園山笠03

博多灯明ウォッチング02

 ふくおかの情報

福岡宿泊ガイド

福岡交通ガイド

福岡主要MAP

福岡面白リンク

 ふくおか特選情報

福岡の庭園特集

福岡初詣スポット

 お楽しみ情報サイト

競馬予想サイト「馬ヲタ」

ラッピングの全てがわかる「ラッピング工房」

レシピの紹介「かんたんレシピ」

菜の花
能古島
能古島は、周囲約12キロメートル、奈良時代の万葉集にも登場し、放浪の作家壇一雄が晩年を過ごした島として有名です。
遠賀川
福岡県第2番目の川、遠賀川の河川敷には毎年見事な菜の花が咲き乱れます。サケが遡上する南限の河川として知られています。
筑後川
九州最大の大河にて、久留米市から杷木町までの約30kmに咲き誇るなんともスケールの大きさが印象的です。
今川
河口の行橋市今川河畔は、市民公園として整備され遊歩道が設けられ、釣りや散歩を楽しむ人たちで賑わっています。
紫川
北九州市のシンボル的な存在で、現在は鮎を呼び戻す運動など環境を重視した運営が市をあげて行われています。
菜の花は「アブラナ科の植物」で四枚の花弁が十字形に配列していることから「十字科植物」と呼ばれています。ド・カンドルの『栽培植物の起源』によると、アブラナの原産地はスカンジナビア半島からコーカサス地方ならびにシベリアに至る地域でその野生種が見出され、これらの地域が原産地と推測されています。

日本には大陸との交流も盛んになった五世紀後半頃に伝来して、飛鳥時代にはこれら食文化も既に伝わっていたと推測されています。江戸時代には、タネを絞った菜種油など日本人と密接な関係があります。