ふくおか情報サイトtap

>>TOPへ戻る
 ふくおかの四季

福岡の梅

福岡のあじさい

福岡の菜の花

福岡の藤

福岡のコスモス

福岡の桜

福岡の紅葉

 ふくおかの祭

博多祇園山笠05

博多祇園山笠04

博多祇園山笠03

博多灯明ウォッチング02

 ふくおかの情報

福岡宿泊ガイド

福岡交通ガイド

福岡主要MAP

福岡面白リンク

 ふくおか特選情報

福岡の庭園特集

福岡初詣スポット

 お楽しみ情報サイト

競馬予想サイト「馬ヲタ」

ラッピングの全てがわかる「ラッピング工房」

レシピの紹介「かんたんレシピ」

桜
垣生公園
自然が多く残り、四季折々の植物が生い茂る都市公園。
甘木公園
池に映る満開の桜は見事。敷地も広く、いろんな場所のサクラを見て廻れます。
丸山公園
園内を覆い尽くす風格のある樹形の桜が古くからの桜の名所を思わせます。
秋月
桜のトンネルをくぐって、風情ある町並みをのんびり散策してはいかが?
春日原
地元の自治体が大切に管理している福岡市名所100選になっている桜並木。
小倉城
約200本のサクラが咲き競う、夜桜も楽しめる小倉No.1のお花見スポット。
西公園
素敵な町の風景と潮風がとても気持ちがいいお花見スポットです。
八木山峠
駐車場も完備されていて、散策を兼ねてのピクニックに絶好のポイント。
発心公園
久留米市の伝統的町並みが残り、文学の香りのする由緒正しい桜の名所です。
舞鶴公園
ライトアップされた夜桜も良く、薄墨桜、大島桜、枝垂桜も綺麗です。
和布刈公園
お花見と関門の風景が2つ同時に味わえ、心が和みます。
油山
ハイキング気分でお花見を楽しんではいかがですか?
愛宕神社
能古島や志賀島などが素晴らしい展望を眺めながら花見ができる人気のスポット。
安部山公園
四季を通じて多くの人々が訪れる憩いのエリアとして親しまれているスポット。
足立公園
約2400本の桜が咲き乱れ、小倉の市街地が一望できる小倉有数のスポット。
久留米城
城独特の雰囲気に咲く桜がなんとも言えない美しい桜の名所。
宮地嶽神社
種々の桜や季節の花が植えられており、参拝者の目を楽しませてくれます。
昭和池公園
昭和池の千本桜として親しまれている、絶好の見晴らしを誇るスポット。
春になると、サクラの木の下でお弁当を広げて、お酒をのんで・・・こんな光景は、おそらく世界中広しといえど、日本だけではないでしょうか?

その花見の起源もいくつかあり、1つは貴族文化的なものです。奈良時代の貴族にとって花といえば梅でした。それが平安時代に入って梅に変わって桜の花見が貴族の重要な行事となりました。812年、嵯峨天皇が南殿で宴を催したのがお花見の最初の風習と言われています。

もう1つの起源は農民文化的なものです。日本では、中国大陸から渡ってきた人々が稲作の文化を伝えました。地域により桜の花が咲く時期により、稲を植える時期を知りその桜の花の散り具合を見てその年の米の出来具合を占ったのでした。満開に咲いた桜を見上げては、神様にお酒など奉げ物をして豊作を祈る、桜は神様の宿る木として信じられていました。それが桜が神様が宿る木としてサクラ(さ座)と呼ばれるようになった語源と言われております。

花見は桃山時代には武家の間でも流行しました。豊臣秀吉の醍醐の花見(1598年)はその豪華さで最も有名です。その後、江戸時代に入ってから農耕儀礼から切り離され、貴族の公式行事から離脱し花見は庶民の行事となりました。江戸幕府は、都市計画の目的で大々的な桜の植樹を行いました。とりわけ徳川吉宗は都市と農村の接点である江戸の周辺部に植樹し、花見の名所が生まれました。花見が都市周辺部で開かれたことで花見の大衆化につながりました。